くまもとぐらし:リスト参照

日本福音ルーテル健軍教会/教会学校

タイプ:
こころや悩み相談,サークルや交流活動

普段の活動:
健軍教会教会学校は、避難者を支援するためにはじめられた活動ではなく、子どもたちと共に神さまのメッセージをわかちあい、そこから子どもたちが力を得ていくことを願って行っている活動です。具体的には、毎週日曜日の9時からこどもにもわかりやすい形での礼拝を行います。礼拝後、学齢ごとに分かれて工作やゲームなどをして楽しみます。お茶とお菓子で茶話会をすることや、サムエルナイトと呼んでいるお泊まり会をすることもあります。牧師が、保護者の生活や心の相談に乗ることもあります。また、教会として全国のルーテル教会が取り組んできたルーテル支援センター「となりびと」(仙台)の活動を支援してきました。

設立年月:
1952年3月

代表者:
小泉基

mailad:
kengun@jelc.or.jp

tel:
096-368-2917

住所:
熊本県 熊本県熊本市東区新生2-1-3

Twitter:


ホームページ:
http://www.jelc.or.jp/kengun/

 



これまでの活動:
*原則的に、毎週こどものための礼拝と分級活動を行っているが、その他にも以下のようなイベントを行い、交流を深めている。
例)2011年6月11日:荒川知子とファミリーアンサンブル チャリティーコンサート
2013年3月31日:イースター早天礼拝(於:山下公園)
*礼拝等のほか、朝食、卵探しなどを共に楽しんだ。
2013年7月28-29日:サムエルナイト(於:阿蘇山荘 避難者5家族を受けいれ)
*礼拝等のほか、阿蘇での川遊び、竹のマイカップづくりなどを楽しんだ。
2013年10月19-20日:サムエルナイト(於:健軍教会 避難者4家族を受けいれ)
*礼拝や聖書の学び等のほか、クッキー作り、歌や寸劇の発表などを楽しんた。
  2013年12月8日:CS合同クリスマス(於:健軍教会)
  *教会関係の児童・障がい者施設の子どもたちと共に、礼拝をまもり、ミュージックベルの発表などを楽しんだ。
 ※ 以上の活動は、いずれも「避難者のための活動」として行われてきたわけではないが、避難者の子どもたちやお母さん方にとって、交流したり、心の支えになる活動になれば、と願いつつ取り組まれている。



現在の活動:
*避難者のための活動というわけではありませんが、教会学校の礼拝や分級活動、サムエルナイトなどのお泊まり会、各種イベントなど、自由においでいただいて参加いただくことが出来ます。その際、安全性の高い食品を用いるなどの配慮を行っています。現在数世帯のご家族が参加して下さり、よい交わりの場となっています。



これからの活動:
*全国のルーテル教会の呼びかけに応えて、これからも関係を継続していきたい。
*東町住宅の避難者の方々と、教会学校や主日礼拝を通して関係が深まってきており、必要な支援があるなら、これからも考えていきたい。



活動の課題:
*避難者の方々の多くは、放射能汚染の可能性の高い食べ物を忌避されるのことが多いので、地域ごとに、危険性の少ない食品を購入できる店舗のリストなどあれば、ありがたい。


その他:
*避難者の方々の交流を促進する働きは、意義深いものであろうと思います。立場を越えて、つながろうとしていく働きを、応援したいと思います。